0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

Webコンテンツのモニタリング方法比較 -内製・ツール導入・アウトソース それぞれの注意点と判断基準

皆様は普段、どのような方法でインターネット上のコンテンツをモニタリングされているでしょうか。社内担当者を決めTwitter, Google検索を行う・モニタリングツールを導入し、効率的に自社で対応する・専門業者にアウトソースする。本資料では、そんな3つの方法に関するそれぞれのメリット・デメリット等の特徴をまとめております。自社にとっての最適なモニタリング方法を模索されている方は、是非ご活用ください。

【内容抜粋】

・3つのモニタリング体制それぞれに関する、メリット、デメリット
 ー自社でモニタリングする
 ーモニタリングツールを導入する
 ー有人監視サービスを提供する会社に委託する
・検討する際に押さえておきたいポイント
・事例紹介

インターネット・ソーシャルメディア上のリスク対策方法について検討される方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
様々な企業のリスク対策を監修したコンサルタントが、貴社に適した情報をお届けいたします。

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77