0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

キュレーションメディア、情報配信サイト、オウンドメディア等の運営者を対象に、記事校正・校閲やコピーチェック等の審査を代行します。 薬機法や景表法(景品表示法)への抵触や著作権侵害のチェックなど、メディアの質や企業の姿勢を問われかねないデリケートな内容を対応いたします。 また、記事審査に必要なチェック項目やメディアごとの運営に最適なチェック体制のコンサルティング、導入支援も可能です。

対応可能業務

薬機法への抵触チェック、景表法への抵触チェック、著作権の侵害チェック、肖像権の侵害チェック、通常記事の校正・校閲 など

校正・校閲などの記事審査業務の代行が求められる背景

  • キュレーションメディアや特定領域の情報サイト、オウンドメディアは、テーマを深掘りした記事と情報の信憑性が魅力です。これらは専任のライターが記事を作成し、運営者が編集や管理を行うという形で運営されているのが一般的です。メディアとして正しく情報を取り扱い内容の正確性を担保するため、運営者は常に最新の社会のルールを理解し、継続的に業務を改善する必要があります。
  • しかし、記事を作成するためのリソース不足や仕組み化が不十分という課題から、質の高い情報を発信していくことに難しさを感じている運営者が多いのが実情です。そのため、メディア運営やインターネット上の情報の取り扱いに精通している外部の業者に委託することで、業務効率化を図るとともに、第三者の視点でプロセスやチェックの精度を向上させるメディアが増えています。

アディッシュの記事審査サービス

アディッシュが提供する校正・校閲を始めとする記事審査サービスの礎には、ソーシャルリスニングコミュニティサイト監視などのモニタリングサービスで培ったリスク対策の豊富な実績とノウハウがあります。

その実務を熟知する人材と、業務設計やプロセスの最適化、汎用化のご提案を行うインターネットサービスの運営設計コンサルタントが専任チームとなり、リスク対策の視点から質の高い記事審査を行います。

メディア運営でよくある悩みの例

記事審査のリソースが足りない

監査項目が多く、時間がかかりすぎる。審査が必要な記事が蓄積されている。

業界の最新動向を把握しきれない

法律やガイドラインの改定が頻繁でついて行くのが大変。運営者の偏った認識で、不適切な記事を公開するリスクがある。

審査体制を最適化したい

社内の審査業務が属人化しており、非効率。また、ライター育成体制も整備されておらず、差し戻し記事が減らない。

アディッシュの記事審査サービスの強み

スピード対応で審査時間を短縮

ご依頼後、翌営業日〜翌々営業日までのスピード対応。最適なリソースをご提供し、審査時間を削減します。突発的に生じる記事チェックのボリューム変動にも柔軟に対応可能です。(1記事でも数百記事でもご相談ください)

炎上対策を踏まえた第三者視点の反映

アディッシュは実績豊富なソーシャルリスニングサービスを通じ、インターネット上のリスク対策に精通したプロ集団です。リスク対策の観点と業界の最新動向を踏まえ、第三者視点でのご提案を行います。

メディアの記事作成基準の作成支援

スペシャリストが業務に入り込み、言語化できていない部分の設計から業務フローの最適化を支援。チーム内の情報共有やフィードバックの効率化を実現します。

対応業務とサービス提供イメージ

対応業務

記事の内容(テキストや画像)を下記の項目によりチェックいたします。

校正業務
  • 誤字・脱字、誤り、不備などを指摘
  • レギュレーションの視点より指摘
校閲業務
  • 業界ガイドラインの視点より指摘
  • メディアガイドラインの視点より指摘
  • 炎上トレンドの視点より指摘

※コメント機能を用いてユーザーとのコミュニケーションを実施している場合のコメント投稿のモニタリング等、上記以外の業務も対応可能です。詳しくはお問い合わせください。

具体例(対応実績)

てにをはや誤字・脱字といった表記上の校正に止まらず、常に最新の法律や業界のガイドラインに基づいた規定の設定、審査を実施します。

ヘルスケア事業
  • 薬機法や景表法、業界ガイドラインなどから、審査基準への落とし込みまで実施。
お出かけサイトや旅行サイト
  • 紹介する店舗や観光名所の情報を、著作権や景表法の観点から審査。

※メディア以外にも人材紹介企業向けに求人情報の審査、チェックの代行が可能です。その他ドキュメントチェック等のご相談も承ります。

サービス提供イメージ

記事審査のフローの一例をご紹介します。お客様の業務体制に応じて、対応範囲は柔軟に調整します。

月次定例では、ライターのミスの傾向や発生頻度などのデータもレポートとして提出するため、継続的な改善、品質向上に役立てていただけます。

            
記事審査

原 稿

原 稿

校 正

コピーチェック

校 閲

納 品

ライターによる作成

編集部によるチェック

誤字脱字チェック

他のメディア等の記事の流用チェック

記事審査のチェック項目をチェック

編集部による公開作業
(公開作業の代行も可能です)

お客様

お客様

問題のあった記事の報告
ライターのミスの傾向の報告

  

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77