0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

フリマ、マッチング、ソーシャルゲーム、クチコミなど自社で運営されているwebサービス・アプリ内の投稿監視・通報対応を24時間365日体制で支援。お客様のコミュニティサイトを対象に、初期の業務設計から実際の投稿監視と社内への啓蒙活動、評価、改善のPDCAを実施します。監視対象とする投稿の種類も幅広く、コミュニティ、チャット、画像、動画など、あらゆるサービス仕様に対応可能です。

アディッシュのコミュニティサイト監視サービス

アディッシュではコミュニティサイトの監視について、中長期的な視点で捉えています。
アディッシュのコミュニティサイト監視サービスは、初期に実施した業務設計をもとにPDCAを一気通貫で支援。スペシャリストと専属チームがパートナーとしてお客様のサービスの傾向や状況に応じた最適なアプローチを行い、運用していきます。

1.コミュニティサイト監視のPDCA

P 業務設計 サービスの目的、予算から必要な業務・工数を整理し、業務フロー・監視基準を策定。
D 投稿監視
&啓蒙
実業務を行う。監視に加え、お客様社内での啓蒙を通じた根本的な健全化が必要。
C 定量評価
&定性評価
監視件数・削除率・違反傾向等を集計し、課題を抽出する。
A 改善施策 費用対効果の高い運用を追求。例えば、監視件数の変更、抽出ワードの精査など。

PDCA

2.具体的な業務項目と実施内容イメージ

サービス健全化のための複数のアプローチを組み合わせ、費用対効果の高い運用体制構築を支援します。

業務項目 実施内容
投稿監視 ユーザーの投稿を目視監視し、不適切な投稿があれば非表示対応を行う。
投稿数が膨大である場合、リスクを含む単語を設定して、一部投稿のみを「抽出監視」することがある。
巡回監視 サイト上の最新投稿を確認し、不適切な内容がないか巡回する。
通報対応 ユーザーからの通報投稿を確認して監視を行う。
警告通知 不適切な投稿を行うユーザーに対して、メール・プッシュ機能などを用いて、啓蒙を行う。
利用制限 不適切投稿を繰り返す悪質ユーザーに対して、投稿制限やアカウント停止の罰則を処する。

アディッシュの自社サイト投稿監視の3つの強み

アディッシュのお客様の「継続利用率は99.5%」(※)。競合他社からの移管実績も多数あります。
※サービス停止・縮小・スポット契約を除いた2015年以降の実績。

  • サービス運用を知り尽くしたポリシーアーキテクトによるお客様に最適な運用設計のご提案

    投稿監視の品質を決めるのは「監視基準」を含む運用設計力です。その大事な設計を担当するのが、最新のネット論調に関する知見や法律的知識を持ち、サービス運営の経験豊富なスペシャリストである「ポリシーアーキテクト」です。ポリシーアーキテクトは事業目的や運用コスト、法的配慮など複数の観点からお客様にヒアリングを行い、運用体制やポリシーをご提案。お客様のサービスに最適な監視基準策定を支援します。

    ポリシーアーキテクト

  • 運用実績No.1!多言語対応も可能な専属チームのサービス品質

    運用は専属チームが担当。業界No.1の実績で培われた経験とノウハウをもとにしたサービスの品質には高い評価をいただいています。現在、東京、仙台、福岡、沖縄の拠点で多言語の対応をするほか、2011年にはフィリピン・マニラに業界初の多言語専門のセンターを設立しました。各拠点を貴社専任のSV(スーパーバイザー)が監督・管理・監修し、高いクオリティを担保します。

    多言語対応も可能な専属チームのサービス品質

  • 独自開発の監視ツールで、環境に依存しない効率的な監視業務の運用が可能

    弊社が独自開発した監視ツール「Police(ポリス)」は監視業務に特化したツールで、お客様のシステムとAPI連携することにより、低コストかつ高い品質でコミュニティサイトの監視対応が可能となります。簡単なAPI連携開発を行うだけデータ連携が完了するため、システム構築の費用負担を軽減するとともに、お客様の業務効率化にも貢献。システムに精通したスタッフが品質向上を実現します。
    導入サービス数は300以上で業界最多。悪質ユーザーの検知・対策・ワードフィルタなどの追加機能も無料でご利用いただけます。

運用フロー

  • 1

    目視タイミング

    30分毎〜24時間毎(調整可)
  • 2

    モニタリングツール

    貴社ツール/弊社ツール
  • 3

    判断基準

    判断基準MTGを設置しadishで作成・提示
  • 4

    エスカレーション

    あいまいな投稿など報告対象は都度メール
  • 5

    日報

    監視件数、表示、非表示件数を翌朝にメール
  • 6

    緊急連絡

    犯行予告、自殺予告は24H緊急連絡

※ 緊急を要する投稿(例:具体的な犯行予告、自殺予告)は、緊急連絡フローに基づき電話やメールなどで24時間随時ご報告。

よくあるご相談

  • Q.自社で実施中だが、品質に課題がある。改善提案やコンサルティングの対応も可能?

    A.はい。お任せください。アディッシュは実運用の担当だけでなく、初期運用設計や改善スキームの構築の支援も可能です。現状の課題をヒアリングの上で適切な運用方法をご提案いたします。

  • Q.SNSアカウントにも監視を導入したいが、一緒に頼めるの?

    A.はい。お任せください。弊社が独自に開発した監視ツールは主要なSNSともAPI連携できます。SNSアカウントの監視についても同様に、監視基準の策定から始めます。運用開始後はSNSアカウントの投稿監視状況をリアルタイムにシステム上で一元管理。も詳細な対応履歴など、社内へのレポートも簡単です。詳しくは「自社SNSアカウント監視」サービスをご覧ください。

  • Q.リアルタイムな監視も可能?

    A.はい。動画配信、チャットなど、リアルタイム性の高い投稿監視も対応可能です。効率的な監視ツール仕様のご提案をいたします。

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77