0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

監視用語集

ソーシャルリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルリスクとは

ソーシャルリスクとは

SNSリスクとも言う。Twitterをはじめとするソーシャルメディア(SNS)上で発生するリスクを指す。

1つの投稿が拡散してネガティブな意見が溢れるいわゆる「炎上状態」はソーシャルリスクの最たる例であるが、信憑性や具体性が高い投稿が1件でも出た場合はソーシャルリスクになり得る。

これまでの事例では、リスクの高い1つの投稿が数週間から数ヶ月経過して炎上に至った例があるなど、過去の事例を発見され拡散されることもある。

ソーシャルリスクの種類

企業にとってのソーシャルリスクを考えたとき、以下のようなリスクが潜んでいる。

  • 従業員などによる内部関係者からの情報漏洩・暴露情報
  • 商品・サービスの利用者による非難
  • 広告・CMに対する批判
  • 従業員及び顧客による商品・サービスのブランドを傷つける行為
  • 公式アカウントによる不適切な言動

一度SNS上で拡散されると、たとえ大元の投稿が削除されたとしてもキャプチャやコピーが出回り、それらが急速に広がり、場合によってはマスコミでの報道もなされてしまうため、騒動が収まるまで時間が掛かることが多い。これらは一般的なリスクであるが、企業によってリスクと考える温度感が異なるため、ソーシャルリスクの範囲は一概には言えない。ただし、一般的にリスクと捉えられやすいのは画像や映像がついた投稿であり、過去の炎上事例を見ても多くが画像または映像が出回っているものである。

ソーシャルリスクの変遷

総務省「情報通信白書 平成27年版」によると、新聞記事データベースでSNSの炎上に関連する記事を検索すると2010年頃から顕著に件数が増加している傾向が出ているという。中でも2013年には急増していることが分かる。

2013年はいわゆる「バイトテロ」や、客による迷惑行為を撮影した投稿が目立った1年であった。若いアルバイト定員が面白半分に店内にある商品や機材にいたずらをしたり、消費者が店頭で迷惑行為をしたりする画像・映像がSNS上で多数拡散し、企業のブランドイメージを傷つけるなど社会的な大問題となった。

その後2014年後半から2015年前半にかけては「異物混入」で炎上するケースが急増した。これにより全工場の製造中止及び販売休止を発表した食品メーカーもあったほか、飲食店においても異物混入に関する消費者の発言が相次ぎ、SNS上でも異物混入に関する話題は途切れることがなかった。

2017年には企業及び自治体の広告・CMに関する炎上が多発している。差別的表現やセクシャリティに関する内容が主な批判対象となっているが、単なる批判だけでなく、批判に対して「過剰な反応ではないか」といったネガティブな意見も多く出ている点が特徴として挙げられる。

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77