0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

企業によるライブ動画の活用が広まってきました。サービス説明や決算説明、記者会見、生中継番組など、その用途は多種多様です。ライブ動画配信に対応するSNSを始めとしたプラットフォームも増え、同時配信で広く視聴者を獲得している企業もあります。
一方、ライブ動画配信には配信企業側のリスクもあります。視聴者が投稿するコメントです。内容によっては炎上につながる可能性があり、コメントのモニタリングはもちろん、その対応方針の策定は必須といえます。
アディッシュでは、このようなライブ動画配信時のリスクのあるコメント監視をいち早く対応します。

アディッシュのライブ動画コメント監視

監視ポリシーの設計を実施

公序良俗・法律違反、貴社のスタンスに配慮し、監視基準を作成します

効率的な監視業務を実現

専用ツールで複数動画から効率的にリスクを検知する環境を提供します

専任スタッフが対応

監視経験の豊富なスタッフがリアルタイムにリスク検知を実施します

リアルタイムならではのリスクを軽減。
アクティブなコミュニケーションを実現

ライブ動画でよくある運営者の悩みの例

ライブ動画のコメントのリスクとは?

どのようなコメントがリスクにつながるのか分からない。そもそも、どのように炎上につながるのか理解していない。

あらかじめNGキーワードを選定し、そのキーワードを含んだ投稿がされた際に、対策を実施します。
炎上を引き起こすような投稿を放置すると、他のユーザーに引用されて拡散されるようなリスクがあります。

対策のためのノウハウがない

炎上につながるリスクのあるコメントを投稿されたときに、どのように対応していいかが分からない。

初期に策定した運用ルールをもとに、コメント削除や非表示等をします。また不適切な投稿の多いユーザーに関してはコメントができないようにすることもあります。場が荒れた場合は担当者と連携し、投稿の禁止、閲覧禁止等の対応を実施します。

対応する人員・リソースが足りない

コメントの監視に人員を割けない。また人員を割けたとしても、リアルタイムに更新されるコメントをチェックする体制がない

アディッシュでは監視業務の専門スタッフが貴社の動画配信時のコメントを代行します。規模によっては複数人での対応が可能です。またコメントの抽出にはツールを使い、対応の必要有無については目視でチェックします。

ライブ動画コメント監視のアディッシュの強み

豊富な実績に基づいた運用設計力

監視の品質は運用設計力で決まります。あらゆる業界を知り尽くしたスペシャリストがお客様に最適な運用設計をご提案します

独自ツールで監視業務を確実に

監視対象は動画以外にもコミュニティ、チャット、画像など幅広く対応可能。最適な環境で確実に監視業務を行います

「人の目」を生かしたサービス品質

800サービス以上の対応実績と徹底した社内教育で培ったサービス品質が、これまでのお客様から高い評価をいただいています

お問い合わせはこちら

  

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77