0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

2019/02/26

国内マスメディアTwitter徹底比較(2019版)。各社のアカウントの傾向を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
国内マスメディアTwitter徹底比較(2019版)。各社のアカウントの傾向を分析

テレビや新聞など、日本の主要メディアの各Twitter公式アカウントの状況を、2019年2月現在で比較しました。

前回分析を行った2017年及び2013年と合わせて分析していますので、活用状況の推移なども併せてご覧いただけます。

※Twitter公式ページで得られない情報については「whotwi」を用い、2019年2月5日時点の数値で分析しています。


■以前の分析はこちら

・国内テレビ局・新聞社各社のTwitter公式アカウント調査2017
 https://monitor.adish.co.jp/blog/twitter2017/

・国内マスメディアTwitter成功調査(2013年)
 https://monitor.adish.co.jp/blog/twitter/

テレビ局のTwitter公式アカウント調査

※データ中「2013年」とあるものは2013年11月8日時点、「2017年」とあるものは2017年12月8日時点の数値で分析しています。

■NHK(日本放送協会)

NHK広報局 @NHK_PR

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/11/29 109,288 117 2,128,388 6.7回/日 96% 130 4時間 18時

2017年にフォロワー数を大きく伸ばしたNHK広報局の公式アカウントは、2019年現在も他社を引き離すようなフォロワー数を誇っています。複数の担当スタッフによる“ゆるい”つぶやきは健在で、NHKという固いイメージを覆す人気のアカウントです。
各番組ごとの公式アカウントのリツイートは少なめで、独自の“ゆるい”つぶやきで各番組を紹介しています。

日テレ(日本テレビ放送網)

日テレ公式@宣伝部 @nittele_da_bear

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/11/16 12,162 65,500 216,144 18.1回/日 42% 132 1時間 18時

2017年にはツイート数を大幅に減らした日テレの公式アカウントですが、現在はツイート数が増え、フォロワーの増加率も大きく上がりました。
以前は新入社員であり宣伝部特命担当である「ダベア」の公式アカウントとして番組情報をつぶやいていましたが、2019年現在は日本テレビ宣伝部の公式アカウントとなっています。
ただ、アイコンはダベアで、注意書きにも「※個別のご要望、ご質問、出演リクエスト、DMにはお答えできなくてごめんダベア~ (´・ω・` )」とあるなど、以前のダベア感を残しています。
各番組の公式アカウントのリツイートも多めで、平均ツイート間隔が1時間と、より積極的にツイッターを活用している印象です。

TBSテレビ

TBSテレビ宣伝部 @tbs_pr

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/9/15 89,016 983 275,111 36.4回/日 39% 116 40分 11時

TBSテレビ宣伝部の公式アカウントはマスコットキャラ「BooBo」のアイコンが目印です。
1日の平均ツイート間隔がテレビ局の中では最も短い40分で、ツイート回数も多めです。
各番組の公式アカウントのリツイートも多く、番組のPR情報を積極的につぶやいています。

フジテレビ

フジテレビ @fujitv

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/2/6 63,129 1 464,413 13.5回/日 83% 120 2時間 8時

フジテレビの公式アカウントは、PR情報に公式サイトの番組情報ページへのリンクが必ず付いているのが特徴です。
そのためか、各PRツイートは他のテレビ局と比べて比較的あっさりとした印象ですが、絵文字を多く入れるなど工夫が感じられます。

テレビ朝日

テレビ朝日宣伝部 @tv_asahi_PR

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/9/1 20,673 355 294,886 5.0回/日 83% 133 5時間 15時

「センデンブインちゃん。」というキャラクターを“中の人”としています。
絵文字を多用し、番組名や出演タレント名のハッシュタグも複数埋め込むなどカラフルなツイートが特徴的です。
番組のPR情報だけでなく、宣伝部員の個人的意見や興味などもつぶやくなど、ユニークで面白いアカウントとなっています。

新聞社のTwitter公式アカウント調査

※データ中「2013年」とあるものは2013年11月8日時点、「2017年」とあるものは2017年12月8日時点の数値で分析しています。

日本経済新聞

日本経済新聞 電子版 @nikkei (2013年は@nikkeionline)

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/7/22 231,086 42 2,956,849 115.7回/日 72% 78 12分 11時

日本経済新聞電子版の公式アカウント。ニュースをピックアップしてツイートするほか、ニュースの解説やコラムの紹介、社内アカウントのリツイートも行っています。
また、関心が高かった過去記事の再投稿もしており、一日当たりのツイート数が増加しました。

朝日新聞

朝日新聞(asahi shimbun) @asahi

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/5/27 248,086 267 1,195,549 130.4回/日 98% 61 11分 11時

朝日新聞デジタルから、最新のニュース速報や旬の話題をピックアップしてツイート。
簡潔な見出しのツイートが並びますが、「どうぶつ新聞」カテゴリからほっこりするニュースなどもツイートされています。
またときどき朝日新聞社からのお知らせやお得な情報がつぶやかれるのも特徴です。

読売新聞

YOMIURI ONLINE @Yomiuri_Online

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/1/29 160,140 52 690,961 85.3回/日 92% 57 17分 10時

読売新聞の公式アカウント。政治、社会、エンターテイメントなどあらゆるジャンルからニュースをピックアップしてツイートしています。
また、「不適切と判断したコメントは削除する場合があります。」と明記しているのも特徴的です。

毎日新聞

毎日新聞ニュース速報 @mainichijpnews

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/6/11 229,383 2 353,026 73.0回/日 100% 51 20分 20時

毎日新聞ニュースサイトから、主な速報をピックアップしてツイートしています。
リツイートリプライも一切行っておらず、ひとりごと率は2013年、2017年と変わらず100%です。
ニュースの一覧のような簡潔で見やすい見出しが特徴的で、最新ニュースをいち早く知るのには便利なアカウントと言えるでしょう。

産経新聞

産経ニュース @Sankei_news

※2013のデータは「MSN産経ニュース @MSNSankei_news」アカウントのもの

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2012/4/25 165,232 192 295,770 71.5回/日 100% 118 20分 20時

産経新聞グループのニュースサイト「産経ニュース」の公式ツイッター。
前回2017年の調査では系列の「産経ニュースWESTのツイートなどをリツイートしていましたが、現在はひとりごと率100%で、ツイート数や文字数を増やして情報を厚くしています。
ツイート数の増加率、フォロワー数の増加率が目立っています。

まとめ

各メディアとも、前回調査した2017年よりますます積極的にTwitterを活用している状況がうかがえます。

テレビ局部門では、2013年時点の調査以降継続してNHKが多くのフォロワー数を持つ人気アカウントですが、日テレがツイート数やフォロワー増加率を大きく伸ばしました。
キャラクターや“中の人”、“ゆるい”つぶやきなど、テレビ局部門の公式アカウントは全体として親しみやすさや楽しさを前面に出している感じは変わりません。

一方新聞各社の公式アカウントは、約20分前後のツイート間隔でいち早く最新のニュースなどをツイートしており、一日当たりのツイート数も多めです。
また全体的に、テレビ局とは対照的に硬派なアカウントとなっており、淡々とツイートしている印象です。

    ダウンロード資料  

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77