0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

監視用語集

ネット炎上

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット炎上

ネット炎上

ネット炎上とは、インターネット上における不謹慎あるいは非常識な発言や行為に対して、非難、批判、誹謗中傷などのコメントや反応が殺到する現象。企業がネット炎上の対象となった場合、ブランドイメージや売り上げへの深刻なダメージとなるケースも報告されている。
ネット炎上の一部であるコメントは、必ずしも正当な批判ばかりではなく、中には誤解や偏見に基づく反応もある。複雑化したネット炎上を表面的に分析・対策することは、炎上を拡大するリスクもある。そのため、企業はネット炎上のメカニズムを理解し、適切な炎上対策を整備する必要がある。

ネット炎上のメカニズム

ネット炎上には、「発端フェーズ」、「深堀り・拡散フェーズ」、「炎上フェーズ」の3段階から成る。

発端フェーズ:少数の人が企業や有名人の不祥事などを発見し、自分に身近なSNSで情報発信(炎上の「火種」)。

深堀り・拡散フェーズ:火種投稿がTwitter上や2ちゃんねるといった匿名掲示板上で、共有・拡散。リアルタイム性が強いネット空間で情報のアップデートや深彫りが行われ、より新しく詳細な情報(真実ではないものも含む)が展開される。

炎上フェーズ:深堀り・拡散された情報がまとめサイトやニュースサイトにも展開(ネット炎上)。Yahoo!など最大手ニュースサイトやマスメディアに広がる

企業は、発端フェーズで火種の投稿を早期検知することが重要になる。

炎上のメカニズムについてさらに詳しく知りたい方は、過去記事「あらためて考える炎上メカニズム! 火種となるソーシャルリスクを早期検知するをご参考に。

企業におけるネット炎上対策

ネット炎上対策には、事前対策、平時対策、危機対応の3つに分かれる。

[事前対策]:社内体制の整備、従業員のSNS研修など

[平時対策]:リスクを早期に検知するため、ネット上の書き込みを監視するソーシャルリスニングの活用
[危機対応]:リスク発生時の危機管理。社内外への対応など。


ネット炎上対策についてさらに詳しく知りたい方は「ソーシャルリスニングによるリスク対策って何? 前編後半をご参考に。

 

アディッシュではいち早く火種を発見して企業担当者にエスカレーションする「ソーシャルリスニング」サービスを提供しています。お気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77