0120-5464-77

  • TEL
  • MAIL
  • DOCUMENT

2020/01/27

国内マスメディアのTwitter運用状況を調査。各社アカウントの傾向を分析(2019年12月実施)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月にアディッシュで実施した日本の主要なテレビ局と新聞社の各Twitter公式アカウントの運用状況を報告します。 前回分析を行った2019年2月、2017年12月、2013年11月からの推移も紹介します。

※Twitter公式ページで得られない情報については「whotwi」を用い、テレビ局については2019年12月17日時点、新聞社については2019年12月12日時点の数値で分析しています。

■以前の分析はこちら

・国内マスメディアTwitter徹底比較(2019版)。各社のアカウントの傾向を分析
 https://monitor.adish.co.jp/blog/twitter2019/

・国内テレビ局・新聞社各社のTwitter公式アカウント調査2017
 https://monitor.adish.co.jp/blog/twitter2017/

・国内マスメディアTwitter成功調査(2013年)
 https://monitor.adish.co.jp/blog/twitter/

テレビ局のTwitter公式アカウント調査

※以下、表中の「1日平均ツイート数(回/日)」はアカウントによって集中してツイートするものもあり、かならずしも1日にこれだけの数をツイートしているというわけではありません。あくまでも平均値として参照ください。

■NHK(日本放送協会)

NHK広報局 @NHK_PR

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/11/29 111,302 115 2,130,350 7.0回/日 92% 131 3時間 20時

NHK広報局の公式アカウントは、フォロワー数を大きく伸ばした2017年以降、フォロワー数で他社を引き離しています。
人気の一因と考えられるのは、固いイメージのNHKらしからぬ“ゆるさ”。各番組ごとの公式アカウントをただリツイートするのではなく、独自のユニークな“ゆるい”つぶやきで、読んで楽しいツイートを心がけていると見受けられます。

■日テレ(日本テレビ放送網)

日テレ公式@宣伝部 @nittele_da_bear

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/11/16 342,209 64,713 264,048 78.9回/日 11% 135 18分 19時

2019年2月の調査でツイート数を大きく増やした日テレ公式@宣伝部ですが、今回の調査ではさらにツイート数の大幅な増加が目立ちました。フォロワーの増加率も伸ばしています。
ひとりごと率が11%と各番組の公式アカウントのリツイートが多いのも特徴で、ツイート間隔も18分となっており、Twitterを大いに活用しています。

■TBSテレビ

TBSテレビ宣伝部 @tbs_pr

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/9/15 103,822 1,099 285,338 58.3回/日 12% 121 25分 11時

2019年2月の調査では、1日の平均ツイート間隔がTV局の中で最短の40分だったTBSテレビ宣伝部は、今回の調査でも25分と活発にTwitterを活用しています。
各番組の公式アカウントの情報をこまめにリツイートし、積極的に各番組のPRをしています。

■フジテレビ

フジテレビ @fujitv

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/2/6 68,603 0 478,483 15.4回/日 87% 125 2時間 5時

フジテレビの公式アカウントは、絵文字やハッシュタグを駆使したカラフルなツイートが特徴的です。今回の調査でも、前回同様に各番組の公式サイトの情報を積極的にアピールして該当ページに誘導していました。

■テレビ朝日

テレビ朝日宣伝部 @tv_asahi_PR

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/9/1 22,553 398 316,246 5.9回/日 73% 138 4時間 15時

テレビ朝日宣伝部の公式アカウントは、フジテレビと同じように絵文字やハッシュタグを多めに入れて積極的に各番組のPR情報をつぶやいています。
また、「センデンブインちゃん。」という“中の人”の個人的意見や興味ネタなどをつぶやくことが稀にあり、ユーモアが感じられる運用となっています。

新聞社のTwitter公式アカウント調査

■日本経済新聞

日本経済新聞 電子版 @nikkei (2013年は@nikkeionline)

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/7/22 261,000 45 3,019,609 91.9回/日 81% 75 16分 7時

日本経済新聞電子版の公式アカウントは、日経電子版のトップページのニュースから注目記事を抜粋して発信しています。
同社の別媒体の公式アカウントや社員アカウント、ユーザーの関心度が高かった過去記事などを積極的にリツイートし、情報を厚くしています。

■朝日新聞

朝日新聞(asahi shimbun) @asahi

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/5/27 285,512 314 1,220,776 154.2回/日 72% 78 9分 12時

朝日新聞の公式アカウントは、最新ニュースの速報のほかに旬の話題などを同社の他の公式アカウントから積極的にリツイートしているのが特徴的です。今回の調査でも「サンタが窓ふき スカイツリー」などのリツイートが見られました。
また、朝日新聞社からのお知らせやお得な情報も時々つぶやかれています。

■読売新聞

YOMIURI ONLINE @Yomiuri_Online

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2010/1/29 181,057 54 716,149 83.5回/日 94% 63 17分 11時

読売新聞の公式アカウントは、政治、社会、スポーツ、エンタメなど、あらゆるジャンルからピックアップした幅広いニュースをツイートしています。
また、ひとりごと率94%(投稿数のうちリツイートやメンションの割合が低い状態)からも分かるようにリツイートは少なめです。

■毎日新聞

毎日新聞ニュース速報 @mainichijpnews

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2009/6/11 269,752 2 362,638 127.7回/日 100% 55 11分 21時

毎日新聞ニュース速報の公式アカウントは、まさに新聞の見出しのような短いツイートが特徴で、最新ニュースを一覧ですばやく見られるようなアカウントとなっています。
2013年の調査から今回まで変わらずひとりごと率100%でリツイートもメンションもいっさい行っていませんが、今回の調査ではツイート数の増加が目立っています。

■産経新聞

産経ニュース @Sankei_news

※2013のデータは「MSN産経ニュース @MSNSankei_news」アカウントのもの

開設日 ツイート数 フォロー数 フォロワー数 1日平均ツイート数 ひとりごと率 平均文字数 平均ツイート間隔 最も活発な時間
2012/4/25 187,018 196 376,962 75.5回/日 97% 121 19分 12時

産経ニュースの公式Twitterは、他社と比べて平均文字数が多いのが特徴的です。
内容を簡潔にまとめたニュースの概要的なツイートになっています。前回の調査に比べてツイート数はそれほど増えていませんが、フォロワー数の増加が目立っています。
ツイート数の増加率、フォロワー数の増加率が目立っています。

まとめ

今回の調査では過去の調査状況と合わせて分析することができたため、各メディアごとのTwitter活用状況の特徴が明確になりました。

テレビ局部門では、圧倒的なフォロワー数のNHKがやはり安定していますが、日テレのツイート数・フォロワー数の増加率が際立っており、TwitterをPR活動の重要な位置づけにしているのが分かります。
また、全体として“ゆるさ”や“中の人”、絵文字の多用など、ユニークさや親しみやすさを前面に出しているのが大きな特徴です。

一方の新聞各社の公式アカウントでは、短いツイート間隔で最新のニュースなどを素早くつぶやいている特徴がありました。1日のツイート数は多めですが、毎日新聞ニュース速報のひとりごと率100%を筆頭にリツイートはあまりされていません。

今後も主要メディアはTwitterを積極的に活用していくことが予想され、フォロワー数を大きく伸ばしているNHK広報局のように、独自色を押し出した利用が増えていくと考えられます。

    ダウンロード資料  

まずはお気軽にご相談ください

お急ぎの方はこちら

0120-5464-77